今回はイタリアにあるサムスンの子会社と、YAMAHAイタリアが組んで開発した新技術についてご紹介します!

 

バイクにもHUDがようやく上陸

通称「スマートウィンドシールド」は車用と同じく、走行速度、通話、カーナビなどの情報をウィンドシールドに映し出してくれます。

 

動画はこちら!

残念ながらこちらの「スマートウィンドシールド」はコンセプト段階で、販売はまだ先になりそうです。

 

早速寄せられる賛否両論

一部の消費者からは様々な意見が挙げられています。

「これ以上の視覚的な情報があると運転に集中できないよ」

「運転中にスマホいじるケースが少なくなるから、事故防止にもなりそうだね」

 

メーカーの主張は?

YAMAHAイタリアはプレスリリースでこのプロダクトのコンセプトについて次のように述べています。

「このテクノロジーは新たなよそ見運転防止策。ISTAT(イタリア国立統計研究所)によると、イタリア国内の18歳から24歳までのライダーの実に24%が運転中にスマホを利用していることがわかった。スクーターやバイクの市場が盛んなイタリアにおいてこれは非常に危険な事実だ。(中略)このテクノロジーでよそ見運転を削減していくことを目指している。」

 

大義はしっかりしていて、ガジェットもとってもクールで近未来的なのでぜひ商品化へ漕ぎつけてほしいですね。

 

参考:THE VERGE、YouTube:SAMSUNG SMART WINDSHIELD