2017年の東京モーターショーで参考出品されたヤマハ「NIKEN(ナイケン)」は、水冷直列3気筒エンジンを搭載した大型LMW(リーニング・マルチ・ホイール)。走行環境変化の影響を受けにくく、旋回時の高い安定感を生み出すLMWテクノロジーを搭載。さまざまに変化する路面や、コーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能を実現するとして、注目を集めましたね。

その後開催されたEICMA(ミラノショー)2017にて、なんと2018年中の市販化が明言されたことを、覚えている方も少なくないことでしょう。

 

ヤマハ「NIKEN」とは?

ヤマハ「Niken」を復習しておきましょう!

そもそもLMWとは、一般的なバイクのようにリーン(傾斜)して旋回する三輪以上の車両の総称としてヤマハが商標登録しているもの。Leaning Multi Wheelの頭文字をとっています。LMWの先駆者として、既に「TRICITY」と「TRICITY155」が市販化されているのですが、「NIKEN」に採用されるのは、それらモデルとは仕組み。

 

それが「LMWアッカーマンジオメトリ」と呼ぶ新構造。“ナックルエンド”と“リーン軸”を別系統とし相互のバランスを最適化したもの。自然な操舵感、リーン特性、タイヤ摩耗低減効果をもたらします。さらに45度という余裕のバンク角、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式 / 片側2本)、410mmトレッド設定、2軸ステアリング機構などをバランスさせて、高いパフォーマンスを実現します。

 

そこに搭載するのは、水冷直列3気筒エンジン。最新「MT-09」用エンジンをベースに、クランク慣性モーメントの最適化(「MT-09」比 18%増)、およびFI セッティングにより、スポーティかつマイルドな操作性を生み出しています。ミッションには高強度材を採用しスポーティな走りに対応させています。

ボディデザインは、フロント15インチタイヤとタンデム・倒立式フロントサスペンションの組み合わせというこれまでにないメカニズムを活かし、スポーティな運動性能を視覚化するとともに、上質感を両立させています。

 

ヤマハ「NIKEN」の価格は?

さて、そんなヤマハによる新しいチャレンジである大型LMW「NIKEN」。2018年中の市販がアナウンスされていたのですが……なんとヨーロッパでは、オンラインによる事前受注が開始されています。

そして気になるお値段(UK)ですが……13,499ポンド(約198万円)。なんとコレ、同じエンジンを積む「MT-09」より5ポンド高いだけ。かなり良心的ではないでしょうか?日本でのお値段は幾らになるのでしょうね?今から楽しみです!

 

参考-ヤマハ(UK)