先日、イギリスのレースチーム”Team Classic Suzuki”が、「GSX-R750」=油冷へのオマージュとして、「GSX-R1000R」をカスタムしたお話をご紹介しました。

 

最強の鈴菌ホイホイ!イギリス人がカスタムした「GSX-R1000R」は「GSX-R750」へのオマージュ!

そのカラーリングスキームは「GSX-R750」をモチーフにしていましたが、各種純正カスタムパーツを装備しており、いわばデモバイクのようなものでしたね。

 

「RG500」レーサーが公開された!

さて、今回公開されたのは、なんと「RG500」レーサーです!

マン島で開催される”Classic TT”を走る予定となっています。2016年と2017年の同レースで9位に入ったダニー・ウェブ選手が、それまでの「XR69」から、この歴史的な2ストロークモデルである「RG500」に乗り換えて、新たな歴史を作ろうというわけです。

 

実は未だ公開されている情報は多くないので、ダニー・ウェブ選手のコメントを紹介しておきます。

「RG500」でマン島Classic TTに挑戦できるなんて信じられない経験です。既に選手はドニントンでテストを行い、調整は上手く進んでいます。バリー・シーンが乗っていたようなレーサーに乗っているだ、と感じています。これまでも2ストロークのバイクに乗った経験はあるけど、それらとは違う。常に高回転を保たねばならず、気を使うね。現代のバイクは、どのギアに入っていてもバイクは進むけど、コイツは常に正しいギアに入れておく必要があるんだ。

でもテストは上手く行っているし、快適だ。俺の時代のバイクではないけど、この「RG500」とそのライダーのヒストリーについても良く知っている。だから自分が「RG500」に乗るチャンスを与えられたことは嬉しいよ。

とのこと。

ついでに動画もどうぞ!

 

「XR69」レーサーも引き続き参戦予定!

ちなみに「XR69」の方は、フィル・クローヴ選手が引き継いで参戦する模様です。

 

なんと「カタナ」レーサーも参戦!

そしてそして……日本で”Team Classic Suzuki”の名を広めるのに一役買った「カタナ」レーサーもまた、ジェイ・ローレンス選手のライディングによってマン島Classic TTデビューを飾る予定なのだとか……

 

マン島Classic TTが楽しみだ!

いかがでしたでしょうか?今回は”Team Classic Suzuki”が新たに公開した「RG500」レーサーと、マン島Classic TTへの参戦車両について、駆け足でご紹介してみました。

彼らのスズキ愛、本当に留まることを知りませんね。マン島Classic TTの情報が入りましたら、追ってご紹介しましょう!

 

参考-Team Classic Suzuki