カワサキが昨年のEICMA(ミラノショー2017)でリリースを予告して話題を集めた「Ninja 125」&「Z 125」。やはり日本人は律儀です……待てど暮らせど予告通りに出てこなかったイタリア車とは対照的に、定刻通りに公式画像が公開されました!

 

これが「Ninja 125」&「Z 125」だ!

今回は、モーターショー秋の陣を前したティザー動画のキャプチャーによる構成ではなくて、カワサキ(UK)公式サイトが発進した公式リリースをベースとしていますので、ご安心くださいね(笑)。

まずは、カワサキの顔とも言える“Ninja”シリーズの末弟として追加される「Ninja 125」。”KRT Edition”仕様のようなライムグリーンの画像を公開するとは驚きました。

 

そして、もう一つのカワサキの顔、”Z”シリーズに追加される最小排気量モデルとなる「Z 125」。「Z 125 PRO」が存在しますから、コチラはシリーズの末弟ではないです。

この両車は他排気量の”Ninja” & “Z”シリーズと同じく、同じエンジン&車体を共有した、スーパースポーツ&ネイキッドモデルになります。

その共有するエンジンとは、水冷4ストローク単気筒であり、最高出力は11kW。空冷4ストローク単気筒エンジンの「Z 125 PRO」より、かなりハイパワーです。そして中高速域でパワフルだ、とのことです。

 

そのエンジンを搭載するフレームは、カワサキのリリースによると「Ninja H2」に使われたテクノロジーを用いて開発されたスチール製のチューブラートレリスフレームだ、とのこと。それは流石に……と思いますが、まぁシリーズ共通デザインで良くまとまっています。

 

全長×全幅×全高は、「Ninja 125」が1,935 × 685 × 1,075mmであり、「Z 125」は=1,935 × 740 × 1,015mm。「Z125」のシート高は815 mmとローシート仕様。現段階では断言できませんが、どうやら「Ninja 250 SL」&「Z 250 SL」のスケールそのままのようです。

カワサキには、125ccの水冷4ストロークエンジンって存在しないので、もしかすると、このエンジンも250ccモデル用のボア&ストロークダウンされたものかも知れません。だとすると……ちょっと残念な気がしますが……新規でエンジンを開発しろというのも酷な話です。まずは公式発表を待ちましょう!

 

インターモトで世界初公開される!?

いかがでしたでしょうか?今回は、カワサキがヨーロッパで公開した公式画像&公式情報を基に、新登場が予告されている「Ninja 125」&「Z 125」をご紹介してみました。ティザー動画も公開されていますので、載せておきます。

この時期にティザー動画ということなので、世界初公開は10月開催のインターモトが濃厚です。

 

インターモト2018を楽しみに待ちましょう!そして新たな情報が入りましたら、追ってご紹介しますね。

 

参考-カワサキ(UK)、YouTube; The Toughest Choice – Z125 revealYouTube; The Toughest Choice – Ninja 125 reveal