スズキが新型「カタナ」を発表して世界に衝撃を与えて、華々しく開幕したインターモト2018。

 

【インターモト2018情報】コレは快挙!スズキの新型「KATANA(カタナ)」が世界初公開!

「GSX-R1000」をベースにして、往年の名車をモチーフにして開発された新型「カタナ」は、近年のスズキにはない意欲作と言えましょう。

それに対してヤマハ&カワサキは、125ccのスーパースポーツモデルを投入してお茶を濁していることも、既にお伝えした通りです。

 

ホンダが世界初公開したカフェレーサーは650cc!?

さて、残されたのがホンダなのですが……他社に遅れてパリモーターショーをメインとして発表されたのがコチラ!「Neo Sports Cafe Concept」です。

ヨーロッパで発表されたリリースによりますと、ウルトラショートテイルとデュアルマフラーが特徴であり、「CB1000R」「CB300R」「CB125R」にカフェレーサーのテイストを塗した、というようなことが書かれています。

 

それに未来的なヘッドライト&テールライトにも言及しています。

排気量については触れられていませんが、筆者が見掛けた情報サイトによりますと、650ccであるようです。

 

さて、カフェレーサーということですが、“メーカー純正カフェレーサー”と呼ぶには、若干物足りなさは感じる出来栄えではないでしょうか?

エンジンは落ち着いて眺めてみれば現行モデル「CB650F」の流れを感じさせる水冷直列4気筒を搭載。4本のエグゾーストパイプは美しく配置されております。フロントフォークはアウターチューブがブラックとされた倒立タイプ。フロントブレーキはニッシンのダブルディスク、スリック的なタイヤを装着してカフェレーサーの雰囲気を醸し出しています。

そしてマフラーは何故か”SC Project”が奢られています。

 

まぁ悪くないかな……程度にしか反応したくない、その理由は……

 

2016年に発表された「CB4 Concept」に瓜二つ!

そう、熱心なホンダファンならお気付きだったことと思います。アレっ、この「Neo Sport Cafe Concept」って、2015年に発表された「CB4 Concept」にソックリじゃありませんか!

少しもネオじゃね~よって話なんですよね……

 

もう一つ載せておきましょう、ホイっと。

ヤマハ・カワサキのニューモデルに対して思い切り難癖を付けてしまった筆者ですが、期待のホンダさんまでコレですか……で、ホンダさんは、この新しくない「Neo Sports Cafe Concept」を将来どうするお積りなんでしょうね?

期待が大きかっただけに落胆を隠せない筆者です。皆さんは、どう思いましたか?

 

参考-Honda(UK)