昨年発表されて話題になった、ホンダの原付二種のスポーツモデル「CB125R」。

その排気量設定から、国内販売が確実視されていましたが、この度めでたく発売が開始されました!

 

原付二種のスポーツモデル「CB125R」

それがコチラの「CB125R」。新世代CBシリーズのエントリーモデルであります。「“SPORTS ROADSTER” Prologue バイク本来の乗る楽しさを」が開発コンセプト。

運動性能の最大化を目指し、上質な走りの手応えを感じる乗り味を徹底的に追求しています。

 

パワーユニットは、水冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載。総排気量は原付二種に収まる125cc。吸排気系の最適化とPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の精緻な制御により、幅広い回転数からのスロットル操作に対し、リニアな出力特性を実現しています。

 

車体は、高張力鋼管と鋼板で構成された新設計のスチールフレームを採用。各部位の剛性を最適化しながら、軽量な車体パッケージングと高い運動性能を実現しました。

ピボットプレート部を新構造とすることで、メインフレーム部での後輪荷重の入力を受けにくい構成を実現。さらに、ねじれ剛性に影響するメインパイプとヘッドパイプの接合部の剛性を最適化することで、安定感のあるハンドリングを実現しています。

 

機能パーツも、なかなかの充実度合い!足回りは、路面追従性を追求した倒立フロントフォークと、より安定した減衰力を発揮する分離加圧式リアサスペンションユニットを採用。高張力鋼板製のスイングアームと組み合わせることで、乗り心地と軽快感のあるハンドリングに大きく寄与しています。

またIMU付のABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備しています。

 

スタイリングは、新世代CBシリーズに共通する凝縮感のある、先鋭的かつクラスレスなスタイルを採用しています。

灯火器には高輝度で被視認性に配慮したLEDを採用。フルデジタル液晶メーターを装備し所有感を高めるとともに、ライディング時の安心感にも寄与するギアポジションインジケーターを採用しています。

 

お値段はチョッピリ高めだが……

カラーラインアップは、精悍な「ブラック」、高質で鮮やかな「キャンディークロモスフィアレッド」、軽快な「パールメタロイドホワイト」の3色設定です。

 

ということで、新世代”CB”シリーズの末弟としてデビューを果たした「CB125R」。シリーズ共通のデザインと軽快な走りを予感させる、なかなかに魅力的なモデルに仕上げられています。

既に発売は開始されておりまして、大切な車両本体価格(消費税込み)は……448,200円。ちょっぴりお高いのが残念ですが、どうなりますか……

最後にスペックを掲載しておきますので、ご興味のある方はご覧ください。

 

「CB125R」のスペック

  • 全長×全幅×全高:2,024×820×1,055mm
  • ホイールベース:1,345mm
  • シート高:815mm
  • 車両重量(装備):127kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク OHC単気筒
  • 総排気量:124cc
  • 内径×行程:58.0×47.2mm
  • 圧縮比:11.0
  • 最高出力:9.8kW[13PS] / 10,000rpm
  • 最大トルク:10Nm[1.0kgf・m] / 8,000rpm

 

参考-ホンダ