アメリカ・ヨーロッパ市場に向けて先行して発表されていた、ホンダの4ストローク・モトクロッサー「CRF450」をベースにしたオフロードモデル「CRF450L」。その際には……

 

羨ましいぞ米欧!ホンダ「CRF450L」は公道走行が可能なオフローダーなのだ!

コチラの記事でご紹介しているのですが……この度、めでたく日本での発売が発表されました。

そこで改めて同車をおさらいしつつ、その存在意義について私見を述べてみたいと思います。

 

CRF450Lのエンジンには専用設計パーツが多数搭載!

さて、コチラが今回発表された「CRF450L」。モトクロス競技専用車「CRF450R」をベースに、公道での走行に必要な保安部品などを装備し、コンペティションモデルのポテンシャルを体感する事が出来る本格オフロードモデルでございます。

 

まずはエンジンから。「CRF450R」の水冷4ストロークOHC(ユニカムバルブトレイン)4バルブ単気筒エンジンをベースに、公道やオフロード走行での扱いやすさと環境性能を両立させるため、バルブタイミングや圧縮比など各部の仕様を変更しています。

 

イラストが公開されているピストンを見てみますと、ご覧のようにピストンは3本のピストンリングを装備しておりまして、コチラは専用設計となっています。公道走行する車両に求められる耐久性と環境性能を追求した結果です。

 

同じく専用設計されたロッカーアームには表面処理にDLCが採用されており、フリクションを低減されています。

また、クランクウエイトの形状を最適化することでオフロード走行で求められる低回転域から粘り強い出力特性と、中回転から高回転域にかけたリニアなスロットルコントロール性能を高次元で両立。さらに新設計のマフラーはO2センサーを備えキャタライザーを内蔵することで排出ガス規制に対応しています。

 

公道走行への対応は実に多岐にわたっています。ミッションには6速ミッション(「CRF450R」は5速)を採用。これにより高速道路や長距離移動など巡航時の快適性、燃費向上を追求しています。また、「CRF450R/RX」でも使用している高強度材を採用し、軽量・コンパクト化も実現しています。

さらにクラッチは「CRF450R」用をベースとしつつ、クラッチレバー荷重を低減。トレイルでも公道でも扱いやすい特性としています。またフリクションスプリング機構を採用したクラッチは、エンジントルク変動によるショックを抑え、スムーズな乗り心地に貢献しています。

 

さらに、さらに……信号待ちなどストップアンドゴーの多い公道走行に対応するために、ラジエーターを大型化するとともに、電動ファンとリザーブタンクを搭載することで水温変動に対応。環境対応として、アイドリング時のエンジン温度管理への対応としてサーモスタットも採用しています。

ということで、モトクロス競技車両「CRF450R」用エンジンをベースとしながらも、公道走行するのに求められる機能性と耐久性を確保するため、かなりの部分に手が加えられていることが分かります。

 

「CRF450L」の車体は「CRF450R」2018年モデルさながら!

続いて車体。長くなるのでザックリと言ってしまえば、「CRF450R」2018年モデルがベースとされています。そのうえで、舗装路からトレイルまで様々な路面に対応する、剛性としなやかさの両立を追求したアルミフレームを採用。エンジンを支えるフレームピボット周辺の形状を変更するとともに、ヘッドパイプ周りを専用設計とし、公道走行に対応しています。

 

サブフレームは、保安部品を取り付けながらも、公道走行及びトレイル走行に最適な剛性バランスとなるように新設計しています。

 

フロントサスペンションは「CRF450R」をベースにトレイル走行での走破性と快適性の両立を追求したセッティングに変更。またフロントホイールへの車速センサー配置とあわせ、フォークプロテクターは、石跳ねなどによる傷を抑止する形状としタフネス性を追求しています。

リアショックやスイングアームも「CRF450R」をベースに独自チューニングが施されています。

コチラも前年度モトクロッサーをベースに、大掛かりな変更が施されるていることが分かります。

 

「CRF450L」の最高出力は僅か18kW……

さて、そんな「CRF450L」ですが、最高出力はナンボなのか、と申しますと、僅か18kWしかないんですね……

 

なぜ誰も怒らない?ヤマハ「SEROW250」が生産終了から1年たらずで復活する件

コレって先日復活が発表されたヤマハ「SEROW250」の14kWと大差ないんですよね……コチラの車両本体価格(消費税込み)は129万6,000円であり、「SEROW250」は56万4,840円。

1kW当たりの単価は倍以上にもなるのでございます……。

 

それでも「CRF450L」は買う価値あり!

いかがでしたでしょうか?今回は、ホンダが誇る4ストロークモトクロッサー「CRF450R」をベースに公道走行を可能にしたオフロードモデル「CRF450L」をご紹介してみました。

思いのほか非力ではありますが、そのトルクは排気量に見合った充分なものであり、高速道路からトレールまで、あらゆる公道走行を快適に楽しめるようにチューニングが施されているわけです。コレはどう考えても買いで間違いないでしょう!

 

参考-ホンダ(CRF450L)