BMWモトラッドが生み出すモーターサイクルは上質で堅牢。どんなジャンルの車両であれ、一たび跨ればそれがBMWモトラッド製品であると感じさせる独特のフィーリングが魅力となっています。またお値段を含めて上等なモーターサイクルですから、“そこいら辺にいる人とは違う”方が好んで乗られています。ところが……

BMWモトラッドのアパレルはと言うと、機能的には申し分ないのですが、デザイン的にちょっと……まぁ、簡潔に表現してしまえば、オッサン臭い製品が多いものでした。それについては異論ないですよね?そんな同社のアパレルが、提供開始から40周年を迎えるにあたり、特別仕様が販売されるそうです。それが、BMWモトラッドらしからぬセンスの良さなのです(笑)

 

BMWモトラッドのアパレル&用品が提供開始から40年!

2018年で40周年ということですから、提供開始は1978年。ということで、今回の”40 Years Collection” と呼ばれる仕様は70年代テイストを現代のアパレル・用品に詰め込んだものとなっています。その中心となるのが、このライディングジャケット・ヘルメット・そしてグローブ。こう言ったら失礼ですが、BMWモトラッドらしからぬ、センスの良さです!

まずはライジャケ。最先端のテクノロジーを70’Sスタイルに搭載。ベースとされたのは同社のプレミアム・ジャケット「DarkNite」だから機能面は万全。安全のためのパッド類やスマホ用ポケットも装備しております。メンズは150着・レディースは50着限定です。

 

続いては、これまた素敵なヘルメット。1978年に発売された当時最も安全性の高いヘルメットと言われた”BMW Safety Design”ヘルメットに施されていたストライプをモチーフに、ジェットタイプに仕上げています。

アウターシェルはガラス繊維とカーボンファイバーで構成されており、パッド類は同社が”プレミアム・クオリティ”というマイクロファイバー製。コチラも安全性と快適性を両立しているのですが……

 

特筆すべきは、やはり70’Sを彷彿させる、その優れたデザイン。このストライプ、効いてますね!そして”SINCE 78″の特別なロゴには提供40周年のプライドが滲みます。

この”40 Years Collection”ヘルメット、発売開始は2019年になるそうですが、250個の数量限定となります。

 

ライジャケと統一したデザインのグローブもラインアップ。コレは言うほどカッコ良くないかな?

 

“40 Years Collection”の日本での発売時期は……

いかがでしたでしょうか?今回は、BMWモトラッドのアパレル&用品にしては珍しくセンスの良い、70年代を彷彿とさせる”40 Years Collection”をご紹介してみました。

残念ながら日本国内ので発売時期は不明ですが、ヘルメット以外なら並行法規を気にせず使用できますから、欲しい人は買っちゃってくださいね!

 

参考-BMWモトラッド(グローバル)