「Vanderhall」ってなあに?

Vanderhallは英国のトライクメーカー「Morgan」の対抗馬として有名な米国のモーターワークス。

 

今年の頭に「Edison2」という電気自動車モデルを発表していましたが、つい最近になってGM社の200馬力のエンジンを積んだラグジュアリーモデルの「Carmel」を公開。ネオクラシックなトライクをお披露目しました。

 

「Carmel」の実力やいかに

 

こちらは電気駆動モデルの「Edison」の動画です。「Carmel」の動画はまだ公開されていないので参考までに。

今回発表されたCarmelのゼロヒャクは約4.5秒で、トップスピードは時速約220㎞です。ライダーの体がむき出しで寒そう?いやいや、実は贅沢にもヒートシーターのおかげでポカポカらしいんです。

 

のぞき込むと「わっ」と驚くような、非常にスポーティかつクラシックな内装です。シート周りは上質なレザーで覆われ、セクシーなメーターとペダルがきらりと光ります。

 

気になるお値段は?

日本ではノーヘルが許されているトライク、風を思いっきり感じたいライダーには十分選択肢に入る乗り物だと思います。

こちらの「Vanderhall Carmel」のお値段は39,950USドル(450万円)とかなり強気。ひとつ前のモデルである「Venice」の29,950USドル(337万円)と比べても二回りゴツいお値段ですね。

 

弾丸のようなボディライン、攻撃的かつおしゃれな色使いとインテリアはそれでも魅力的です。

ぜひ日本国内でも一度は拝んでみたいですね!(催促)

 

参考-autoblog